リノベーションとは何なのか?実施前に理解が必要なポイントを徹底的にご紹介します

このサイトでは、リノベーションとは何を意味するものなのか、基本的なことから実施する前に理解しておくべき必要なポイントを徹底的にご紹介しいます。
水回りの大幅な変更や間取りの変更など、リフォームではできないことを可能にする手法として知られているけれども、建物の用途変更やトラブルを回避する方法など利用する前に知っておくべきことを分かりやすく解説していますのでマイホームを変えたい人など参考にされることをおすすめします。

リノベーションとは何なのか?実施前に理解が必要なポイントを徹底的にご紹介します

ネットでリフォームのことを調べているとリノベーションの文字が記載してある、ある程度の知識はあるけれども注意点やデメリットなど分からないまま利用してしまうとトラブルが起きることもあるので注意が必要です。
そのため、リノベーションとは何を意味するものなのか基本的なことを実施前に把握することはトラブルの回避にも役立ちます。
なお、リノベーションとはスケルトンリフォームとも呼ばれるもので、建物の構造体だけを残して解体する、そこに新しい間取りを作り上げるリフォーム手法です。

リノベーションの規模によって異なる相場

リノベーションの相場は規模で変わりますので、まずはどの程度の工事を考えているのかを把握する必要があります。
内容によっても違うのですが、例えばフルリノベーションの場合には40平米台では800万円程度がかかりますし、60平米台では1千万円を少し超えるくらいです。
80平米台になると1200万円程度となり、まとまった額のお金が必要になります。
表層替えだけを行うケースも多いのですが、その場合の40平米台の費用は300万円程度です。
60平米台が400万円台、80平米台が500万円台となり、それほど差はありません。
これにプラスして設備交換をする場合、それぞれに200万円程度が加算されます。
このように規模によってかかる額には大きな差が出ますので、予算を決める時の参考にしましょう。
フルリノベーションになると解体工事を行って配管を変更し、電気工事を行うという大掛かりな工事になります。
そのため、期間も長くなります。

リノベーションの事例を参考にすることが大事

リノベーションは用途変更が可能であり、建物に新たな付加価値を与えられることが魅力です。
いろいろなパターンが考えられるため、どのように実施すべきか悩んでしまうケースもあるでしょう。
その場合は自分の頭の中でイメージを構築するのではなく、できるだけ多くの事例を参考にすることが大切です。
たとえば、カフェを開きたいなら、過去にどのようなリノベーションが実施されたのか確認してください。
ガレージや古民家などを流用したケースが見つかるはずです。
カフェとは無縁の建物をベースにすることが多く、その実情を知るとアイデアが広がっていきます。
また、ビジネスで用いる建物を住宅に変更する例も参考になるでしょう。
ビルを買い取って住空間として再利用しているケースが有名です。
ただし、これに倣うなら水回りをはじめとして、さまざまな箇所を改修しなければなりません。
それだけコストがかかるので、事例をチェックするときはトータルの費用も調べましょう。

リノベーションで改修が可能な範囲

リノベーションでの改修が可能な部分は大きく分けて構造および法令、賃貸であればルールが許す範囲によって定まってきます。
木造住宅で言えば、耐震・耐久構造に問題のないレベルであれば間取りの変更が可能です。
浴室やキッチンなど水回りの変更も、構造上の影響がなければ大丈夫です。
階段の場所は国の許可が要りますが、減築といって必要のなくなった部分を減らすこともできます。
マンションの場合は水回りは配管スペースの制約内、間取りであれば専有部内の取り決めに従った形でなら変更可能です。
設備の増設も、構造や共有部に影響のない程度であればできるという訳です。
一方でリノベーションで不可能なのは、柱の撤去が該当します。
もちろん構造的に可能な場合もありますが、建物全体を支えている通し柱の撤去はできません。
土地の広さに対して、許可の範疇を超えている増築も不可能となります。
また建ぺい率および構造上の理由から、2階建てから3階建てにすることもできないです。
マンションに関しては天井・壁に穴を開けるような、構造体の工事はできないルールとなっています。
窓や窓枠についても、共有部となるため独断での工事は不可となります。
他にもベランダや玄関ドアなど、共有部のリノベーションは拒否されることが多いです。

リノベーションを依頼した後のフロー

契約を行ってリノベーションのプランが決まり、依頼した後のフローとして挙げられるのが工事内容および工期の決定です。
具体的なリノベーション内容と、工事にかかる日数や予算に関しても細かく詰めていきます。
何度か調整を行い、工事準備が整うのはおよそ3〜4週間は見ておくのが安全です。
その間に依頼を受けた会社は工事に関わる申請・諸手続きを行ったり、近隣の住民への挨拶などを行っています。
工事に必要な資材や、職人の調達などもこの期間に済ませます。
無事準備が整ったら、次はリノベーションの着工です。
作業を行う期間は、フルリノベーションであればおよそ1ヶ月半から2ヶ月ほどとなっています。
期間中は現場監督が工事の進捗を見つつ、仕上がりに向けて調整しながら築き上げていきます。
予定の期間通り工事が済み、工事内容や仕上がりの確認を行ったら完成です。
施主とともに現場確認しつつ問題がなければ、工事保証書や設備の取扱説明書を渡しながら引き渡しへと移行します。
きちんとした会社であれば完成・引き渡し後も、点検・メンテナンスなどアフタフォローが充実しています。

リノベーションに関する情報サイト
リノベーションって何?

このサイトでは、リノベーションとは何を意味するものなのか、基本的なことから実施する前に理解しておくべき必要なポイントを徹底的にご紹介しいます。水回りの大幅な変更や間取りの変更など、リフォームではできないことを可能にする手法として知られているけれども、建物の用途変更やトラブルを回避する方法など利用する前に知っておくべきことを分かりやすく解説していますのでマイホームを変えたい人など参考にされることをおすすめします。

Search